今からちょうど70年前だから、
そんな大昔のことではない。ヒト
ラーは政権を握り
、まもなくベル
リンで非ドイツ的書物の焚書を行
なった。その時ケストナーは自分
が書いた本のように、あたかも探
偵の目を持って人込みに紛れ、
を焦がすその炎に自分の本も投
げ込まれる光景を観察した。その
時の荒れ狂う炎の舞いとケストナ
ーの憤りの炎を思う。そんな時代
が二度と来なければいいと、今宵
もまた本を開き、炎と渦巻く著者
のあらゆる情念と、自己のそれと
化学反応させて心踊らせよう。